修理事例

事例1

リア損傷事故

リア損傷はバンパーを脱着しないと内部がどの位、損傷しているか判断しづらいです。

無理やり鈑金修理でもいけたのですが、元々複雑な形状パネルなのと、万が一後々の雨漏れの可能性をオーナーと相談して新品取替で作業しました。

取外し作業

取付作業

当たり前ですが、バンパーで隠れて見えない箇所も塗装作業済み。

事例2

左側面事故

新品パネルを取付る前(粗切作業)に、ある程度損傷したパネルで粗出し・粗引き作業をして隣接パネルを復元します。

粗出し・粗引き・粗切作業終了

新品パネル取替。自動車メーカー問わず新品鉄板パネルは無塗装の素地で供給されます。

事例3

左フロントドア下部の修理依頼です

パネル面を特殊な工具(機械)で地金の表からある程度成型します。この作業を省いて全部パテで作業する工場もあると思いますが、次、同じ個所をぶつけて再度修理時、相当苦労するはずです。

塗装の下地処理です。鈑金が小面積でも、歪みや調整塗装で塗装下地は大面積になります。

工賃はかかりますがマスキング作業ではなく、ドアの付属品も取り外した方が、後々の塗装剥がれや不具合などのリスクが減ります。

事例4

事例5

事例6

事例7

事例7

事例8

事例 9

事例 10

お問い合わせ

有限会社カーメイクアップ平野
〒883-0021 
宮崎県日向市財光寺1313-1
営業時間 8:30〜17:30(レッカーは24時間)
工場定休日:日曜祝日、年末年始、GW、夏季

メールアドレス

carmake_hm@yahoo.co.jp

Tel.0982-54-8757
Fax.0982-52-9842

ページトップへ