ブログ

2021年08月

2021.08.30

リモコンキー登録

L350の型のタントのキーを新しいく追加しました。

本体が¥13750、外溝掘が¥2200でした。

使えるけど、右側が壊れて分離してます。

手順

1、バッテリーのマイナスを外して

2、バッテリーのマイナスはめる

3、全てのドアを閉める

4、15秒以内にキーのアンロックボタンを5秒以上押す

5、車から動作音後、キーのアンロックを1秒以上押す

6、車から作動音で登録完了

※追加登録は4、5、6の手順

2021.08.28

ソフトのデータ更新

見積もりソフト使用料、IDを2つ使ってるので、1年間契約使用料で毎年42万位払ってます。

その分、見積もりソフトの更新データーが毎月届きます。

今月データ追加分

約1500車種のデータがあるので毎月10~20台程、フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ・部品価格の値上の更新があります。

来月データ追加分

来月の更新の中にフルモデルしたヴェゼルのe-HEVのデータもソフトに反映される予定です。

現行ヴェゼルはハイブリット車とガソリン車とでは、顔が激変してますね。

2021.08.25

締付トルク

フィットハイブリットのリアアクスルを新品交換作業

外したのと逆手順で組付けです。

手の加減の感覚で増し締めすると、締め付けすぎたり、少し緩すぎたり、それが発端で異音や事故の原因になりかねないので。

ファイネスから車種専用の整備書でトルクを確認して、トルクレンチで管理して増し締め。

納車後、契約者に乗っていただいて、不具合を起こさないように地道な作業努力です。

2021.08.18

タイヤのバースト

タイヤがバーストしてしまい、スペアタイヤが未設定の車みたいで、レッカーしてほしいとの連絡が来たのでとりあえず現場へ出向きました。

状況を聞くと、道路が陥没していてそこに雨水が溜まって、見た目は水たまりに見えたのでそのまま直進したらドスン、と衝撃がきてバーストしたそうです。

車を4輪とも載せられる積載車で出動。

バーストやパンクしてしまうとスペアタイヤの”ありがた味”が分かります。

スペアタイヤに比べて、修理キットの方が重さが軽く、金額が安く出来るので、燃費や新車価格に影響するので、スペアタイヤはオプション扱いにされる場合があります。

2021.08.05

リアインナーパネル取替

H28年式のJF1のNボックスの修理の依頼を受けたのですが、リア内部までの押しこみがあり取替えました。

詳しくは修理事例⑨に掲載します。

無事、作業できました。

持ち主の方が、「ここも新品に交換して欲しい。」との依頼でした。

複雑な形状と奥ばって工具がほぼ入らない箇所でしたが、取替を作業者が頑張ってくれました。

カレンダー

«8月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

フィード

ブログ内検索

ページトップへ